ページの先頭です

クルマの積み込み ~積載車~

全国の求人・転職情報 > ロードサービスってどんな仕事 > 新人研修 > クルマの積み込み ~積載車~

クルマの積み込み ~積載車~

動かないクルマを積載車に積むやりかたをジェームズから説明を受けます。

マイケル 新入社員 マイケル

入社したての新入社員。年齢は29歳。最終学歴は高校の普通科卒。中型免許は持っていない。ニートをしていたが、遊ぶ金欲しさからハローワークで求人募集していたロードサービス業者「じょぶレッカー」で働くことにした。

ジェームズ ベテラン社員 ジェームズ

年齢は45歳。ロードサービス・レッカー歴9年のベテラン。保有資格は大型免許、小型移動式クレーン、玉掛けなど。

積み込み手順

ジェームズ

ジェームズ「マイケル。今日は事故や故障で走行できないクルマを、積載車(セーフティローダー)に積み込むやり方を説明するよ。」

マイケル

マイケル「こんな高い荷台にどうやってクルマを載っけるんですか。」

ジェームズ

ジェームズ「クレーンでクルマを吊って荷台に載せることもあるが、通常は荷台を降ろしてクルマを載せるぞ。荷台をスライドさせるから見てくれ。」

積載車 荷台のスライド

積載車 荷台のスライド

マイケル

マイケル「へーすごい動きをしますね。だけど、エンジンが掛かって走行できるクルマは載せられますけど、そうじゃないクルマはどうやって、載せるんですか。」

ジェームズ

ジェームズ「そういう時はウィンチという道具を使って、クルマを荷台に引っ張るんだ。」

ウインチと滑車(スナッチブロック)

ウインチと滑車(スナッチブロック)

ジェームズ

ジェームズ「ウィンチドラムを電動もしくは油圧で回し、それがウィンチワイヤーを巻き上げるんだ。クルマにウィンチワイヤーのフックを繋げて、ウインチを巻き上げればクルマが荷台に引っ張れるということだ。
それと、この滑車(スナッチブロック)というものが大事な役割を果たす。もし、この縦に置かれたウィンチドラムから滑車を使わずに、直接ウィンチワイヤーをクルマに繋げて巻き上げた場合、どうなると思う?」

マイケル

マイケル「ウィンチドラムからウィンチワイヤーが出てくるのとは違う方向に巻き上げるってことですよね。きっと、ウィンチドラムからウィンチワイヤーがはずれますね。
それと、もう一つ滑車の大事な役割というのも知ってますよ。巻き上げる力が少なくて済むんですよね。今回の例の場合は、滑車を2個使っているから、引っ張る力はおおよそ4分の1ですね。」

ジェームズ

ジェームズ「そう、ウィンチドラムからウィンチワイヤーがはずれてしまう。はずれたまま巻き上げたりすると、元に戻すのがもの凄く大変だから気を付けるように。作業現場でやらかしたら、もう帰りたいっていう気持ちになるぞ。
それから後半の巻き上げる力が少なくて済むということだが、半分正解で半分はずれだ。
まず、今回のように滑車が固定されているものを定滑車と呼ぶ。巻き上げるもの(クルマ)に滑車をつける場合は動滑車と呼ぶ。
定滑車は、ワイヤーの方向を変えることしかできないんだ。たくさん定滑車を使ってワイヤーを巻き上げても、意味がないから気を付けるように(滑車が摩擦になる)。
動滑車を使うと、巻き上げるのに必要な力が2分の1になる(滑車による摩擦、ワイヤーの重さを考えない場合)。ただし、ワイヤーを巻き上げる長さは2倍になる。
だけど、積載車のウィンチワイヤーは短いものが多いから、動滑車を使うと長さが足りなくなることがあるぞ。

マイケル

マイケル「理科で習った覚えがありますけど、忘れました。」

ジェームズ

ジェームズ「それじゃあ、ウィンチを使ってクルマを荷台に載せる様子を見てくれ。」

クルマをウィンチで荷台に載せる

クルマをウィンチで荷台に載せる

ジェームズ

ジェームズ「手順としては

  • 積載車を荷台が下りる距離を残してクルマの前につけて、荷台を降ろす。
  • ウィンチワイヤーをクルマまで伸ばす。
  • ウィンチワイヤーのフックをクルマに繋げる。
  • クルマのギヤをニュートラル、サイドブレーキを解除してタイヤが回るようにします。
  • クルマのハンドルを調整して荷台から落下しないようにウィンチを巻き上げる。
  • クルマが荷台に載ったら、ギヤをパーキングまたはリバース。サイドブレーキを壊れない程度に強く掛ける。
  • 固縛をして、荷台を上げる。


マイケル

マイケル「レッカー車の時と同じで、簡単に見えます。」

ジェームズ

ジェームズ「車高を下げたりエアロパーツをつけたりしてない、タイヤが4本回るなどやりやすい状況が組み合わさると、本当に簡単な作業だ。
ちなみに、ウィンチワイヤーのフックをクルマに繋げる作業だが、これにはクルマについているけん引フックというものを使う。」

いろいろなけん引フック

いろいろなけん引フック

ジェームズ

ジェームズ「けん引フックはクルマの前後左右についていたり前後の真ん中らへんについていたりするぞ。また、バンパーのけん引フックカバーをはずして、車載工具の中に入っているけん引フックを装着して使うものもある。
けん引フックがない場合は、強度があるフレームを使う場合もある。アルミ製には注意だ。

車高が低いと大変

マイケル

マイケル「ちなみに、車高が低いとなんで大変なんですか。引っ張って載せることには変わらないですよね。」

ジェームズ

ジェームズ「極端に車高を落としたクルマは、道路から駐車場などに入るためのスロープ、立体駐車場を登っていくためのスロープなどでバンパーを擦ったりする。それと同じ現象が荷台に載る時にも起きるんだ。
実は積載車ごとに荷台をスライドさせた後の傾斜角が違うんだ。地面と荷台との傾斜角が大きくなればなるほど、車高が低いクルマを載せるのが難しくなってくる。
特に傾斜角を浅くした積載車をフルフラットローダーと呼ぶぞ。」

車高が低くてバンパーが擦る

車高が低くてバンパーが擦る

ジェームズ

ジェームズ「余談だが、車高が低いクルマが立体駐車場に入ってスロープでバンパー、マフラー、フロアのフレームが引きちぎれた事故があったんだ。レッカー車で対応したが結構大変だったぞ。」

マイケル

マイケル「傾斜角が大きい積載車の場合は、車高が低いクルマを載せることはできないということですか。」

ジェームズ

ジェームズ「いや、スロープを複数使用して載せることもできる。だけどフルフラットローダーを使ったほうが、作業は楽だ。エアサスが抜けてペッタンコのクルマでも改造してなければ載せられるしな。
もう一つ車高が低いクルマを対応する時に作業が困難になる要素があるんだが、それがウィンチで荷台に引っ張り上げるときなんだ。
クルマのけん引フックが下の方についていると、ウィンチワイヤーを張ったときにバンパーがワイヤーに当たるんだ。」

マイケル

マイケル「車高が低いクルマって本当いろいろ大変なんですね。」

ジェームズ

ジェームズ「ふむ。そういう時は、ウィンチワイヤーのフックを直接けん引フックに掛けずに、ベルトスリングをけん引フックに掛けてそこにウィンチワイヤーのフックを掛けることによりワンクッション入れて損傷を防げる可能性が上がる。柔らかいもののほうが傷はつき辛いからな。また、二股になったベルトスリングを左右のけん引フックに掛けてウィンチを巻き上げると、1本に掛かる引っ張る力が分散されるので同様の効果があるぞ。
他にもお勧めしていい方法なのかはわからないが、けん引フックよりも奥にある強度があるフレームにベルトスリングを引っ掛けて、ウィンチワイヤーを踏んづけながら巻き上げると更に損傷を防げるぞ。」

ベルトスリング

ベルトスリング

マイケル

マイケル「いろいろやり方があるんですね。」

タイヤが回らないと大変

ジェームズ

ジェームズ「積載車にタイヤの回らないクルマまたはタイヤがはずれたクルマを載せる時も困難な作業になる。

マイケル

マイケル「そんなこともできるんですか。引きずって載せるんですか。」

ジェームズ

ジェームズ「そういうやり方もあるが、もっとスマートに載せることもできる。左右前輪が回らないと仮定して作業する。ジャッキでタイヤを上げた状態で、ウィンチで引っ張り上げるんだ。」

ジャッキで上げながらウィンチ巻き上げ

ジャッキで上げながらウィンチ巻き上げ

マイケル

マイケル「器用にやるもんですね。」

ジェームズ

ジェームズ「クレーン付きの積載車だったら、クレーンで吊り上げながらウィンチで引っ張り上げることもできるぞ。他にも、荷台の上を滑るプラスチック板の上に、回らないタイヤを乗せてウィンチで引っ張り上げたり様々な方法がある。

マイケル

マイケル「積載車もいろいろな状況に対応できるんですね。」

ジェームズ

ジェームズ「その通りだ。
まずは、簡単な状況での積み込み作業を練習してもらうが、その前に巻き上げ機の特別教育の講習を受けてきてくれ。試験はないが講習中寝るなよ。」

マイケル

マイケル「僕の嫌いなお勉強ですか。頑張ります。」

積載車は荷台にクルマを載せることができれば、けん引しているレッカー車が通ることが困難な急なスロープでも楽に通過することができます。
けん引しているレッカー車は、高速道路に通常は進入できませんが、積載車なら可能です。
ですので、車高が極端に低いクルマなどを搬送する場合や、搬送先が遠い時などに重宝します。
ただ、レッカー車でも同じですが木の枝、高さ制限などには注意して走行する必要があります。
クルマを積み込む際に使用するウィンチですが、日常点検が欠かせません。
ウィンチワイヤーがウィンチドラムに乱巻きになっていると、現場で使用できない可能性があります。
また、ウィンチワイヤーにほつれ、裂けがある場合は、使用中にウィンチワイヤーが切れるかもしれません。
そういったことも考えて、自分自身、顧客、関係のない第三者に危険がおよばないように作業をする必要があります。

積載車はロードサービス事業者ではなくても、自動車販売店、修理工場、ガソリンスタンドなどで所有していることがありますね。
積載車の使用経験がある方は、すぐにロードサービスの仕事でも即戦力として活躍することができます。
ロードサービスの仕事をやってみたい方は、ぜひロードサービスの求人を見てくださいね。
もちろん興味がある方は未経験でも、レッカージョブでロードサービスの求人に応募してみてください。