ページの先頭です

タイヤがパンク!スペアタイヤに交換する方法

全国の求人・転職情報 > ロードサービスってどんな仕事 > 新人研修 > タイヤがパンク!スペアタイヤに交換する方法

タイヤがパンク!スペアタイヤに交換する方法

今はスペアタイヤ(応急用タイヤ)を積んでいない車も多いですが、ロードサービスの依頼の中でもスペアタイヤ交換はまだまだ多いです。

マイケルがジェームズから、タイヤ交換の説明を受けます。

マイケル 新入社員 マイケル

入社したての新入社員。年齢は29歳。最終学歴は高校の普通科卒。中型免許は持っていない。ニートをしていたが、遊ぶ金欲しさからハローワークで求人募集していたロードサービス業者「じょぶレッカー」で働くことにした。

ジェームズ ベテラン社員 ジェームズ

年齢は45歳。ロードサービス・レッカー歴9年のベテラン。保有資格は大型免許、小型移動式クレーン、玉掛けなど。

パンクする主な原因は?

ジェームズ

ジェームズ「マイケル。今日はパンクしたタイヤを取り外してスペアタイヤを取り付けてみよう。」

マイケル

マイケル「教習所でなんか教わった気がしますよ。対角にボルトを締めるんですよね。」

ジェームズ

ジェームズ「確かにそうなんだが、それだけを部分的に覚えていても意味がないんじゃないかい。
まずはタイヤのパンクする原因だが主に

  • 鋭利なもの(釘など)がタイヤに刺さる
  • タイヤを縁石などに擦る
  • タイヤの空気圧不足
  • 事故の衝撃
  • タイヤの劣化によるひび割れ

などになる。パンクした原因によって、空気の抜け方やタイヤ修理のできる可能性も変わってくるんだ。
鋭利なものが刺さった場合だが、釘など細いものが刺さると空気圧は数時間かけて音も出さずにゆっくり抜ける。比較的大きなものが刺さると結構大きい「シュー」という音を出して数十秒から数分で抜ける。ちなみにスパナとかがタイヤに刺さっていることもある。大きさに関係なく刺さったものを抜いてしまうと、空気は一気に抜けるぞ。釘など細いものが接地面に刺さっている場合は、タイヤを修理できる可能性が高い。
タイヤを縁石に擦るなどしてタイヤに穴が開いた時は、基本的に空気は一瞬で抜けるぞ。「バシュー」って感じだ。主にタイヤの横(サイドウォール)に穴が開くので、修理はできない。
タイヤの空気圧不足でパンクするのは、主に高速道路だ。空気圧不足が原因でタイヤが連続でボヨンボヨンなって最終的に破裂(バースト)するスタンディングウェーブ現象が起きるからだ。「バーン」ていう音がなるぞ。見た瞬間に修理はできないなって思う外観になってるはずだ。
タイヤがバーストすると、タイヤの破片がホイールにベロベロくっついてたり散乱したりするんだが、それが原因でクルマを損傷したり、高速道路上の落下物扱いで事故の加害者になる可能性があるぞ。それなので、バーストに限らないが、スペアタイヤを取り付ける前にセンサー、ブレーキホースなどをしっかり点検しないとダメだ。トラックの場合は衝撃も大きいから、いろいろな部品が破壊されてたりするからな。
事故によるパンクだが、レッカー作業をしやすくする為にスペアタイヤに交換したりするが、タイヤを支えている部品が曲がっていたり折れている可能性もあるのでスペアタイヤに交換したから運転できるってことにならないことが多いぞ。また別の話になってしまうが、タイヤが飛んでいってることもある。
主に長期放置車両などに見られるが、タイヤが劣化してひびが大量に発生して、そのひびから空気が抜けることがある。修理はできないが、基本的に修理する価値もなくなってるはずだ。

マイケル

マイケル「擬音がわかりやすかったです。」

スペアタイヤを探して、エアを確認しよう。

ジェームズ

ジェームズ「さあ、ここからは本題だ。パンクしたタイヤをスペアタイヤに取りかえるぞ。その前に、まずスペアタイヤを積んでいるか確認だ。」

マイケル

マイケル「え、スペアタイヤがないこともあるんですか。そういう時はどうするんですか。」

ジェームズ

ジェームズ「うむ。最近のクルマには多いのだよ。替わりにエア補充の為の小型コンプレッサーとパンク修理キット(もしくは合体したもの)が入っていることが多いぞ。しかし、ロードサービスにおいて基本的にこの修理キットはほとんど使わない。一度使ったら再度買い直す必要があるし、いろいろ後処理もあるのが理由だ。それなので、クルマを修理工場まで搬送することになる。
スペアタイヤが積んである場所だが、これもクルマによって違うんだ。

  • 軽自動車・セダン・コンパクトカー・ワゴンの多くはバックドア、トランクを開けた所にある荷物入れの下に入っている。
  • ワゴン(一部)・ミニバン・商用バン(軽自動車含む)の多くは車体の下に吊るされている。
  • クロカン・SUVはバックドアにスペアタイヤが固定されているものもある。
  • バン系(一部)・架装されているクルマで車内リヤフェンダー内側にカバーに覆われて入っているクルマもある。
  • かなり少数だがボンネット内にあるクルマもある。

という感じだが、わからなかったら取扱説明書を確認してみよう。」

マイケル

マイケル「へーいろいろなところにあって、探すのが面倒ですね。」

ジェームズ

ジェームズ「荷物をたくさん入れられたり、室内空間を広めたりする目的だぞ。
スペアタイヤをクルマから降ろしたら次はエア圧の確認だ。購入時から、一度も使用も点検もされてないスペアタイヤが多いからエア圧が空になってることもあるぞ。
スペアタイヤのエア圧はスペアタイヤもしくはクルマに書いてあるので、それらを確認しよう。
エア圧が足りなかったらエアゲージを使ってエア補充するぞ。エアゲージなどのエア工具を使用するには、エアを供給するコンプレッサが必要になるがレッカー車などに積めないことが多い。そういう場合にはエアタンクを使うぞ。」

エアゲージとエアタンク

エアゲージとエアタンク

クルマが動かないようにしよう

ジェームズ

ジェームズ「スペアタイヤにエア補充をしたらクルマをジャッキアップする為に、まずはクルマが前後に動かないようにするぞ。

  • AT車はギヤをパーキング、MT車はギヤを1速またはリバースに入れる。
  • 壊れない程度にサイドブレーキを強めに掛ける。
  • ジャッキアップするタイヤの対角のタイヤに輪止めをする

の3つでジャッキアップ中にクルマが動くのを防ぐんだ。後で説明するガレージジャッキを使う場合は、この限りではない。
これらは最低限であって、状況によっては他のタイヤにも輪止めをしたり、道路の傾斜でMTのギヤは決めてほしい。
サイドブレーキを強く書ける理由は、点検整備していないとサイドブレーキの効きが悪くなっていることもある為だ。
ちなみにジャッキアップ中にクルマが動くとジャッキが倒れて、悲惨な結果が待っているので気を付けてくれ。」

マイケル

マイケル「輪止めとかって大切なんですねー。だけどジャッキで上げる時とかって、水平なところで基本じゃありませんでしたっけ。」

ジェームズ

ジェームズ「よく知っているね。だけど、ロードサービスの仕事でやるからには、そういうことを言ってられない場面もあるんだ。水平なところまで、ホイールをゴリゴリしながら、破裂(バースト)してベロベロな部分をクルマに叩き付けながら走らせるのは、あまり気分がいいものではないからね。もちろん、極端な坂道での作業は避けるべきだけどね。
レッキング作業(車両積み込み)、クレーンでのクルマの吊上げも、もちろん水平なところでやりたいが、そうはいかないからな。」

マイケル

マイケル「大変そうですね(他人事)。」

ジャッキアップしよう。

ジェームズ

ジェームズ「さークルマを前後に動かないようにしたらジャッキアップだ。使用車種、状況にもよるがパンタジャッキ、ダルマジャッキ、ガレージ(フロア)ジャッキなどを使い作業をするぞ。

パンタジャッキとガレージジャッキとダルマジャッキ

左からパンタジャッキ、ガレージジャッキ、ダルマジャッキ

ジェームズ

各ジャッキの用途と特性だが、

  • パンタジャッキは主に乗用車の車載工具として採用されているぞ。写真のものは1250kgまで耐えられるものだ。純正状態のクルマがパンクしても、ジャッキアップできるように作られているから結構狭い隙間でも使うことができるぞ。車載工具は機械式のものが多いが、油圧式もあるぞ。耐荷重を超えたものをジャッキアップしようとすると、ねじ山がおかしくなって使えなくなるぞ。非常に心もとない形状をしているが、見た目通りすごく倒れやすいぞ。前後のタイヤを入れ替えたいと思って、パンタジャッキを2つ使って前後輪をジャッキアップするとパタンする可能性があるから、辞めといたほうがいいと思う。
  • ダルマジャッキは主にトラックの車載工具として採用されているぞ。写真のものは4000kgまで耐えられる。トラックはパンクすると、タイヤが大きいから結構ペチャンコになってしまいダルマジャッキが入らないことがあるぞ。そんな時は、トラックをスロープ状にカットした木材などに乗せて作業したりするぞ。ほとんどが油圧式だが、一部バンなどに機械式のものが採用されているぞ。エアーを供給して、スピーディーにジャッキアップできるものもある。
  • ガレージ(フロア)ジャッキは、整備工場で使われてたり、クルマ好きが自前で持ってたりする。THEジャッキって感じだろ。通常は、2輪同時にジャッキアップしてリジットラック(うま)を掛けて使ったりするぞ。写真のものは3000kgまで耐えられる。パンタジャッキ、ダルマジャッキと違い、弧を描きながら動くんだ。だから、砂利の駐車場などでガレージ(フロア)ジャッキのタイヤが動かない&クルマの接地してるタイヤが動かない状態でジャッキアップするとポロリする可能性があるぞ。エアーを供給して、スピーディーにジャッキアップできるものもある。タイヤ損傷、シフトロック、ハンドルロックしたクルマを移動するのにも使えるぞ。


 私の失敗談だが、新車購入して1週間で故障した外車をガレージ(フロア)ジャッキでジャッキアップする機会があったんだ。スゴイ綺麗なクルマだから、傷つけたくないと思ってクルマとジャッキが接地する部分(皿)に布をかぶせて作業したのだが見事にポロリしたぞ。損傷防止と滑り防止を兼ねたゴムパッドを使うべきだったね。
 そして大切なことだが、あまりジャッキを信用しないことだ。突然、倒れたり折れたりオイル漏れたりすると思って使ったほうがいい。よって、クルマの下にもぐる時には必ず、リジットラック(うま)を掛けたりして安全対策を怠ってはいけない。

マイケル

マイケル「貴重な失敗談ありがとうございます。命はお金じゃ買えませんからね。」

ジェームズ

ジェームズ「ふむ。次はジャッキアップポイントを説明する。ジャッキアップポイントとは、ようするにジャッキアップする場所だ。

ジャッキアップポイント 例1

ジャッキアップポイント 例1

ジャッキアップポイント 例2

ジャッキアップポイント 例2

ジェームズ

ジェームズ「この写真は乗用車の横を下からみたものだ。「耳」で通じるが、サイドシルフランジだ。見ての通り「ここでジャッキアップしてね」と言っているようだろう。ジャッキアップポイントは鉄板が重なってたり、他の部分より頑丈にできてるので、ジャッキアップに耐えることができる。他の部分で、ジャッキアップすると「ぐにゃ」ってなるぞ。ちなみにクルマが腐ってたりすると例2の写真みたいに「ぐにゃ」ってなるから、少しずつジャッキアップして様子を見よう。ジャッキアップポイントが、分かりづらい場合は取扱説明書をみて確実な作業をしよう。」

マイケル

マイケル「結構取扱説明書を使うんですね。」

ジェームズ

ジェームズ「そうだぞ。ロードサービスの仕事は、取り扱うクルマは様々だからな。
 冷蔵庫、掃除機、携帯電話、パソコンなど基本的な操作は取扱説明書を読まずに使えるように開発努力されている。が、各種設定、緊急時の操作などは取扱説明書を見てやるのが普通だろ。クルマも同じさ。」

パンクしたタイヤをはずそう。

マイケル

マイケル「そうなんですね。タイヤが浮くまで、ジャッキアップすればいいんですよね。」

ジェームズ

ジェームズ「いや、ここにもトラップ(罠)が存在しているんだ。
少しだけジャッキアップして、ホイールナットを少しだけ緩めるんだがその理由は

  • サイドブレーキも駆動も伝わらないタイヤの場合はホイールが空転して、ホイールナットが緩められない場合がある。(インパクトレンチ使用の場合は除く)
  • 不安定なパンタジャッキなどを使用している場合は、ホイールナットを緩める力でクルマが動きポロリする場合がある。(インパクトレンチ使用の場合は除く)

からだ。少し緩めるだけだぞ。タイヤを浮かしてない状態で、タイヤをはずすとクリップボルトを破損する可能性があるぞ。」

クロスレンチとインパクトレンチ及びソケット

クロスレンチとインパクトレンチ及びソケット

マイケル

マイケル「インパクトレンチ最強じゃないですか。」

ジェームズ

ジェームズ「ふむ。そうなんだが、エアが必要だったり、充電が必要だったり、高価だったりするんだ。ちなみにアルミホイールナットは基本的には、インパクトレンチを使用するべきではないぞ。
まず、ホイールにプラスチックのカバーがついている場合は、それを外す。日光の紫外線でボロボロになっていて、力を掛けた瞬間折れることもあるから確認しながら作業してくれ。
ホイールナットを緩めるときは、対角を考える必要はない。それと、またトラップ(罠)があるんだが、クロスレンチにもインパクトレンチにはめるソケットにも厚みがあるんだ。ホイールの穴とホイールナットの隙間(クリアランス)が非常に小さいと、その厚みで損傷する場合があるんだ。工具をナットに、はめる前にしっかり確認したほうがいいぞ。
クロスレンチを使用している場合は、ホイールナットを少し緩めたら、タイヤが浮くまでジャッキアップする。
ホイールナットを緩めていくとホイールがはずれかけて斜めになってくる。隙間(クリアランス)に余裕があっても、この斜めになった際に工具で損傷する場合があるから気を付けてくれ。」

マイケル

マイケル「タイヤはずすのに、ずいぶんと気を遣うんですね。」

ジェームズ

ジェームズ「クルマより高価なホイールを履かせている顧客もいるからな。さあ、タイヤがとれたらスペアタイヤを取り付けるぞ。」

スペアタイヤを取り付けよう。

ブレーキホース、ABSセンサー、クリップボルト

タイヤをはずしたところ

ジェームズ

ジェームズ「スペアタイヤを取り付ける前に、ブレーキホース、センサー、クリップボルト、エアホースなどに損傷がないか目視で確認だ。
問題なければ、スペアタイヤを取り付けて、ホイールナットを手で締めていく。この際に、スペアタイヤを斜めに取り付けないように対角にホイールナットを締めていく。

手で締まらなくなるまで、ホイールナットを締め付けたら、それからクロスレンチ、インパクトレンチを使って締め付ける。この際に、スペアタイヤを斜めに取り付けないように対角にホイールナットを締めていく。タイヤが空転する場合には、ジャッキを少しだけ下げるか、タイヤを抑えて締め付ける。
この後にトルクレンチを使って、ホイールナットを規定トルク(規定の回す力)で締め付けていくのだが、クロスレンチ、インパクトレンチで締め付ける際に、この規定トルクを超えて過剰なトルク(回す力)で締めてはならない。
過剰なトルクで締め付けて位はいけない理由は、クリップボルト、ホイール、ホイールナットを損傷するからだ。その時点で、損傷を確認できなくてもスペアタイヤ交換後の走行中にタイヤがポロリする可能性がある。規定トルク未満のトルクで締め付けるには、規定トルクがどれ程の力なのか知っておく必要があるんだ。」

マイケル

マイケル「それだったら、最初からトルクレンチだけ使って作業したほうが早くないですか。」

ジェームズ

ジェームズ「トルクレンチでホイールナットを緩めたり本来の用途以外で使用していると壊れるからな。それこそトルクレンチとしての機能がなくなってしまうんだぞ。」

トルクレンチ及びソケット

トルクレンチ及びソケット

ジェームズ

ジェームズ「トルクレンチにはダイヤルが付いていて、そのダイヤルでトルクを合わせて締め付けていくぞ。デジタル表示のものがあるんだ。規定トルクに達すると「カチ」という音が鳴るものが多い。
トルクレンチで締め付ける前に、ジャッキをタイヤが空転しない、力を掛けてもクルマが動かない程度まで下げるんだ。
クロスレンチ、インパクトレンチで規定トルクぎりぎりまで締め付けていれば下まで降ろしても大丈夫だ。

そして、トルクレンチで規定トルクで対角にホイールナットを締め付ける。そうしたら、ジャッキを下げて、片づけてタイヤの取り付けは完了だ。」

マイケル

マイケル「トルクレンチで締め付ければ、走行中にタイヤがはずれたりすることはないんですか。」

ジェームズ

ジェームズ「ポロリする可能性があるから基本的には、距離100km位走行したら増し締めをしないといけないんだ。だが、スペアタイヤは応急用のタイヤなので、距離100km走行する前に早急にタイヤを交換するように、顧客にアドバイスをするべきだな。」

タイヤ取り付け後に、もう一度点検しよう。

ジェームズ

ジェームズ「パンクしている状態だと分かりづらくても、タイヤを取り付けると不具合を目視で確認できることがあるんだ。
縁石に衝突など事故のパンクは特に気を付けるべきだ。
例えば、片方前輪はまっすぐなのに、スペアタイヤ側は角度が付いている。後輪に角度が付いている。などの症状を確認したら、レッカー搬送作業に切り替えたほうがいいだろう。
そういった症状を確認できなくてもホイールアライメント(足回り周辺の調整・設定)に影響がある可能性があるので、早急に修理工場にタイヤ交換と点検に出すようにアドバイスをするんだ。
ここまでやったら、あとは元ついていたパンクしたタイヤを、養生して顧客に返却して作業終了だ。」

マイケル

マイケル「わかりました。」

まとめ スペアタイヤ交換の手順

1、スペアタイヤの取り出し、エアの確認
2、クルマに輪止めなどを掛ける
3、ジャッキアップ
4、タイヤをはずす
5、スペアタイヤをつける 規定トルク未満で締める
6、ジャッキをおろす
7、トルクレンチで締める
8、最終点検 片づけ

エア圧の確認・輪止め・トルク管理などしなくても作業は可能です。そして何も起こらないほうが可能性のほうが高いと思います。
しかし、ロードサービスの仕事でやるからには、より安全で安心な作業を心がけるべきですね。
他にも、ホイールナットの緩締の回転方向が車種や方式によって違ったり、エアサスなどはクルマのジャッキアップ中に電源を入れて故障することがあったり等と知らないと危ないことがあります。
もちろん、やりながら覚えていけばいいことです。
カーショップやタイヤ屋さんで働いた経験があってタイヤのことならなんでも任せてという方、整備士の仕事をしていてクルマのことなら任せてな方。、仕事ではやってないけどクルマのメンテナンスをご自身でやっている方、ぜひロードサービスで技術・経験・資格を活かしませんか。全国のロードサービスの求人みてくださいね。
もちろん「全部未経験だけどクルマに興味がある」という方も大歓迎です。