ページの先頭です

バッテリー上がりの対処方法 ジャンピングってなんだ

全国の求人・転職情報 > ロードサービスってどんな仕事 > 新人研修 > バッテリー上がりの対処方法 ジャンピングってなんだ

バッテリー上がりの対処方法 ジャンピングってなんだ

ロードサービスで一番依頼の多いジャンピング作業。
一見簡単な作業だけど、トラップ(罠)もあったり。

マイケルがジャームズから、ジャンピングの説明を受けます。

マイケル 新入社員 マイケル

入社したての新入社員。年齢は29歳。最終学歴は高校の普通科卒。中型免許は持っていない。ニートをしていたが、遊ぶ金欲しさからハローワークで求人募集していたロードサービス業者「じょぶレッカー」で働くことにした。

ジェームズ ベテラン社員 ジェームズ

年齢は45歳。ロードサービス・レッカー歴9年のベテラン。保有資格は大型免許、小型移動式クレーン、玉掛けなど。

ジャンピングってなに?

ジェームズ

ジェームズ「マイケル。ジャンピングって何か知ってるかい。」

マイケル

マイケル「それ位知ってますよ。期限までに弁済できない債務の利息だけ払って、元金弁済を猶予してもらうことを現在進行形で行っていることですよね。」

ジェームズ

ジェームズ「違うんだマイケル。バッテリーが上がってエンジンの始動ができない車に対して、他の車から電力の供給を行い、エンジンを始動する方法だ。顧客からのロードサービスの依頼で一番多いのがジャンピングだ。これができるだけで君は、会社の売り上げに貢献できるんだ。」

マイケル

マイケル「へーそんなの簡単じゃないですか。あの赤と黒の配線みたいのでバッテリー同士を繋ぐだけですよね。教わらなくてもできますし、売り上げに貢献できるってことは僕はもう一人前ってことですかね。」

ジェームズ

ジェームズ「いやジャンピングには数々のトラップ(罠)が仕掛けられているんだ。それも含めて一から説明していこう。」

テスターなどの道具を使わずに簡単に症状を確認するには?

ジェームズ

ジェームズ
「顧客への電話でのヒヤリング(問診)で利用できるので、テスターなしでバッテリーの状態を確認する方法を説明しておこう。擬音ばっかりになるから覚悟してくれ。
まず走行中にエンジンが停止した場合には、バッテリー以外の原因である確率が高い。
停車後にエンジン後が再始動できないことを確認したら、エンジン始動時に動作するセルモーターの音を確認してもらおう。それ以前にシリンダーに差し込むタイプのキーが回らないっていうのは、全然違う症状だ。ちなみにセルモーターっていうのは始動時に「ギュルンギュルン」いうやつだ。
電力が足りなくて、セルモーターが回らない場合には、「ギュルンギュルン」言わないんだ。
・もうちょっとでエンジンが掛かりそうな場合は「ギュルン・ギュゥ・・」。
・全然だめそうな時は「カカカカ」ていう感じだ。
・外車だと「カッ!カッ!カッ!」ていうのもあるぞ。
・そして、もっとダメになると「カチ」だ。
「カチ」以外はバッテリー上がりの可能性が高い。「カチ」はセルモーターの故障なども考えられる。
「カチ」でバッテリー上がりか判別する場合には、セルモーター以外のモーター(パワーウィンドウ、ワイパーなど)の動作の速さを見てもらうといい。モーターがいつもと比べて、ゆっくり動作する時には、バッテリー上がりの可能性が高いぞ。
一切の電装品、灯火類が使用できない場合にはバッテリーが空っぽ(完全放電)もしくはヒューズ切れなどが考えられるぞ。」

マイケル

マイケル「本当に擬音ばっかりで、全然わかりませんでしたね。」

ジェームズ

ジェームズ「そうだな。まあ、あくまでも今のは参考で、現場でバッテリーを点検するのが早いぞ。とりあえず第1のトラップ(罠)として、バッテリー上がりと伝えられたのに、現場で確認したら全然違う症状ということもあるんだ。

ジャンピングのやり方と数々のトラップ(罠)

ジェームズ

ジェームズ「今回はジャンピングするのに、救援車のバッテリーを使用せずに、ポータブルバッテリー(ブースターパック)を使用する。ようするに持ち運べるバッテリーだ。高さ制限・重量制限があるところはロードサービスカーで入れない現場もあるので、重宝するぞ。」

ポータブルバッテリー

ポータブルバッテリー

マイケル

マイケル「へー便利なものがあるんですね。」

ジェームズ

ジェームズ「さあ、第2のトラップだ。実はこのポータブルバッテリーを、バッテリが上がった車のバッテリーに繋ぐとサージ電流というものが発生して、車がぶっ壊れる可能性があるんだ。

マイケル

マイケル「なんですか、そのサージ電流っていうのは。車が爆発炎上でもするんですか。」

ジェームズ

ジェームズ「惜しいな。バッテリージャンピング作業はやり方を間違えると爆発の可能性はある。だがサージ電流の発生の場合は、車の電装品の故障に繋がるんだ。電装品ていうのは、主にコンピュータとかナビなどのことだ。」

マイケル

マイケル「(爆発は冗談のつもりだったのに・・・)」

ジェームズ

ジェームズ
サージ対策の道具があるから、それを使ってポータブルバッテリーを車に繋げる。つなぎ方だが最初にポータブルバッテリーのプラスをエンジン不始動車のバッテリーのプラス側に繋げる。この時に、バッテリーの表記を必ず確認することだ。プラス側に黒色のカバーがついてたりするから、できたらテスターで確認したほうが確実だ。マイナスに関してだが、これは次のトラップ(罠)に繋がる。
第3のトラップだが、バッテリーの爆発だ。バッテリーは通常使用で、可燃性の高い水素ガスが発生するんだ。この水素ガスにポータブルバッテリーを繋げた時にでるスパーク(火花)が引火して爆発するということだ。」

サージ対策

サージ対策用の道具

マイケル

マイケル「それ、マジ半端なく危ないじゃないですか。もちろん対策方法はあるんですよね。」

ジェームズ

ジェームズ「うむ、その通りだ。それは、スパークを発生させないこと。それとバッテリーから離れた部分にポータブルバッテリーのマイナス端子をつけるんだ。エンジンフックを使用することが多いが、車の取扱説明書にも書いてあるから見るといいぞ。バッテリーのマイナス端子を使ったほうが抵抗が少なくエンジンが始動しやすいこともあるが、前回の走行から時間が経過してないと水素ガスが残っている可能性があるから、それを考慮するべきだな。
そして次は第4のトラップだ。」

マイケル

マイケル「ちょっとトラップ多すぎじゃありませんか。」

ジェームズ

ジェームズ「ふむ。バッテリージャンピングは、単純な作業に思えて結構トラブルの原因にもなる作業なんだ。気を付けてくれ。
第4のトラブルは、バッテリーが空っぽ(完全放電)になったことによるトラブルだ。実は多くの車は、電源をオフにしている時でも、バッテリーの電気を利用していろいろなことを記憶している。ゲームボーイのソフトの中にもボタン型電池が入っていて、それが切れるとセーブできなくなったり時計機能が使用できなくなったりするだろ。あれと同じだ。」

マイケル

マイケル「いや、そのゲームボーイのソフトに関しての話は、はじめて聞きましたけど意味はわかりました。車の場合には、どんなことを記憶してるんですか。」

ジェームズ

ジェームズ「わかりやすいのは、オーディオの情報だ。ラジオの周波数数、時計、その他設定したものを忘れてくれるぞ。他にもパワーウィンドウの情報、コンピュータは点火・吸排気・燃料などを調整した情報も記憶しているんだが、それも綺麗さっぱり忘れてくれるぞ。あらゆるものの情報が忘れ去られるから、コンピュータが異常と判断して警告灯が点灯することもある。アイドリング状態で置いといたり、少し走行したり、ハンドル左右に全開切ったりで治ることもある。が、専用の診断機がないとどうにもできないこともあるので、基本的には修理工場にGOだ。」

バッテリー上がりの原因究明

ジェームズ

ジェームズ「ジャンピングしたあとの話だが。当然、顧客としてはバッテリーが上がってしまった要因が気になるものだろう。中には、室内灯の消し忘れなど自身で身に覚えがある場合もあるが、多くの場合はそうではない。なので、できうる限りこちらでバッテリーが上がった原因を探してみようということだ。」

マイケル

マイケル「へーエンジン始動したら、それで終わりじゃないんですね。原因みつけるのに、車の知識って必要なんですか。」

ジェームズ

ジェームズ「いや、あくまで現場での応急処置だからな。場合によって原因を特定するのに、いろいろ車をばらさないとわからないこともあるし、そんなことを現場ではできないぞ。

まずよくあるのが、半ドア、灯火類だ。
顧客に確認してみよう。ドアのロックは掛かっていたか。
通常半ドアの場合には、リモコンキーでロックは掛からないことが多い。例外もあるから参考程度だけどな。
キーレス車(シリンダーに鍵を差し込まないタイプ)で電源を切らずに、車を離れてしまうというのもある。最新の車でも、自動で電源が切れずに延々とメーター周囲が光ってて、終いにはバッテリーが上がるぞ。
車に鍵を掛ける習慣がない人、車を買い替えたばかりの人などの場合には、可能性がある。
ドアのロックが確認できなくても、運転席以外のドアは目視で空いているか閉まっているか確認できるぞ。(運転席は顧客が作業前に空けてしまっている。)
また、ドアの開閉を監視するセンサー(スイッチ)がついているのだが、これがセンサーの故障、ドアの摩耗などで作動しないこともある。メーター上でドアが開いていると警告を示す車があるが、ドアを閉めているのに警告が確認できてたら、それが原因かもしれない。
そして灯火類だが、これはオンオフが確認しやすいもの。ヘッドライト、室内灯、ウィンカー、ハザード、などだ。ワンボックスなどのリヤゲート側室内灯など見逃しやすいので、しっかり確認しよう。スイッチがいかれて、オフの時に電源がついてる可能性もある。センサーが故障して、ブレーキを踏んでないのに制動灯がついていることもある。
ほんの一例だが挙げたものは、長時間(丸1日など)など置いておくとバッテリーが空っぽ(完全放電)していることがある。なので、さっき話した、記憶を忘れる(リセットされる)ことも念頭においておこう。

他の原因だとバッテリーの経年劣化、バッテリーの自然放電などでもバッテリーが上がるんだ。」

マイケル

マイケル「僕はバッテリーのことなんか全く知りませんけど、どうしてバッテリーって劣化するんですか。」

ジェームズ

ジェームズ「最低限なことを知っていたほうが、わかりやすいと思うから、少しバッテリーの話をさせてくれ。」

マイケル

マイケル「わかりました。メモしないで覚えられる程度にしてくださいね。」

バッテリーとオルタネータ(発電機)の関係

ジェームズ

ジェームズ「ふむ。まず最初に、バッテリーっていうのは充電池みたいなもので、充電しないとそのうち寿命を空っぽ(完全放電)になる。それでいつ充電しているかっていうとエンジンが掛かっているときに、オルタネータ(発電機)という部品の働きでバッテリーが充電されているんだ。(ハイブリッド車とか、それ以外でも充電をしている車もある)
それとバッテリーは自然に放電するんだ。バッテリーを車をつなげずに置いといても放電する。前回に説明したが、車は情報を記憶するためにバッテリーの電気を常に使っているので、そうすると自然な放電は更に加速される。バッテリーが新しいのに、1週間位の放置でバッテリーが上がってしまうのは漏電の可能性もあるので修理工場にGOだ。
ここまで、大丈夫かい。」

マイケル

マイケル「その発電に使う部品名は以外は、なんとなく大丈夫です。」

バッテリー劣化の原因

バッテリーとセル内部

バッテリーとセル内部

ジェームズ

ジェームズ「ふむ、それがわかればエンジンを掛けずに1ヵ月とか放置している車がバッテリーが上がるのはわかるだろう。
それと、バッテリーは使用中、常に少しずつ劣化しているんだ。バッテリーの中に四角い部屋が6つあるだろう。その部屋の間に極板が見える。この極板が劣化することによって、それが抵抗となりバッテリーが使えなくなるんだ。極板にカスが付着したり、変形したりすることで劣化する。だ。悪路走行(振動)、オルタネータ(発電機)などの劣化、バッテリーが上がったままの放置で更に消耗するということだ。」

マイケル

マイケル「へー。バッテリーって結構ナイーブなんですね。要約すると使ってれば、劣化するってことですね。」

ジェームズ

ジェームズ「そういうことだ。車の乗り方でも、バッテリーの寿命は大きく変わってくる。
例えば、乗用車で標準的なバッテリーサイズで、一週間に一回15分位の買い物に車を使う程度だとバッテリーの保証期間の過ぎた2年くらいでバッテリーが上がったりする。バッテリーを充電すれば、しばらく使用はできるかもしれないが、乗り方を変える予定がないなら、バッテリーの交換をすすめるべきだな。
それとは正反対に営業のサラリーマンが高速で毎日飛ばしてる車は、一年くらいでダメになったりする。もちろん保証されている走行距離は超えている可能性が高い。この場合、コンビニで買い物して戻ってきたらエンジンが掛からない(5分も経ってない)状態なので、早急なバッテリー交換をすするめるべき。
その間くらいで、週に5日位通勤で30分位使用する人だと、保証期間の2~3倍持ったりするんだ。あくまで参考だけどね。
まー最初のうちは一緒に現場をまわるから、作業しながら必要なことは覚えていけば大丈夫だ。」

マイケル

マイケル「わかりました、よろしくお願いします。(もう覚える気なし)」

 

ロードサービスで一番依頼の多いジャンピング。簡単な作業にみえて実は結構危険な作業だったりします。
ロードサービスの仕事の中では、一番最初に覚える仕事になるかと思います。
バッテリーの劣化の原因を知っていれば、顧客にバッテリーの状態の説明をしやすくなります。
文中で触れた、バッテリー極板の抵抗ですが、専用のテスターを使って測定することもできます。
他にも電圧計、電流計、比重計などを使ってクルマ、バッテリーの状態を確認することができます。
自動車パーツ販売店やガソリンスタンドで働いていてバッテリーの知識がある方、整備士資格を所有の方・整備士の経験がある方、ご自身でバッテリーの交換の経験がある方はすぐに知識・技術を活かせるぜひロードサービスの仕事をやってみませんか。
もちろん「全部未経験だけどクルマに興味がある」という方も大歓迎!