ページの先頭です

トラックの運転は難しい?

全国の求人・転職情報 > ロードサービスってどんな仕事 > 新人研修 > トラックの運転は難しい?

トラックの運転は難しい?

大きい車の目線の高さ、死角などを知ろう。
トラックの運転がはじめてのマイケル。車両の特性、安全運転についてジェームズから説明を受けます。

マイケル 新入社員 マイケル

入社したての新入社員。年齢は29歳。最終学歴は高校の普通科卒。中型免許は持っていない。ニートをしていたが、遊ぶ金欲しさからハローワークで求人募集していたロードサービス業者「じょぶレッカー」で働くことにした。

ジェームズ ベテラン社員 ジェームズ

年齢は45歳。ロードサービス・レッカー歴9年のベテラン。保有資格は大型免許、小型移動式クレーン、玉掛けなど。

トラックはミラーが大きいので、ゆっくり確実に運転すれば事故は減らせる。

トラック

ジェームズ

ジェームズ「マイケル。今日はレッカー車の運転をしてもらうよ。トラックは目線が高いから、車両感覚がつかみやすいんだ。乗用車では気づかない前方の障害物などに早めに気づくことができるよ。これを見てくれ。」

ジェームズ

ジェームズ「左右のミラーにタイヤの横に置いといた赤いコーンが、はっきりとミラーに写っているだろう。」

マイケル

マイケル「はっきり見えますね。」

ジェームズ

ジェームズ「乗用車の場合は、ミラーが小さいからタイヤに近づいた縁石などが見えなくて、当たってしまったり、乗り上げてしまったりするんだ。左側の丸いミラーも見てくれ。左前方にあった赤いコーンは死角に入って見えないのだが、このミラーでしっかりと確認することができる。」

マイケル

マイケル「家の車がセダンタイプなので、左前は何回か擦ったことありますけど、そのミラーがあれば安心ですね。」

ジェームズ

ジェームズ「安心するのは早いぞ。トラックは目線が高いから、キャビンの周囲に死角ができてしまうぞ。これを見てくれ。」

ジェームズ

ジェームズ
「赤色が目視で確認できる部分
緑色がサイドミラーで確認できる部分
水色がアンダーミラーで確認できる部分
黒色が死角
アンダーミラーでカバーできる死角は、ほんの一部分だ。だから出発前には、死角に少年が隠れていないかよく確認するんだ。交差点で停車中にも、少年が隠れないようによく見渡しておく必要があるぞ。」

マイケル

マイケル「キャビンの周囲以外にも死角がありますね。教習所では進路変更、右左折時には目視で確認するって言われました。」

ジェームズ

ジェームズ「乗用車の場合は濃いスモークフィルムとか貼ってない限り目視で確認できるが、トラックの場合は難しい。よってまずは、進路変更は3秒前、右左折は30m手前でウィンカーを出して後続車に知らせる。そして、徐々にサイドミラーで死角を埋めるように、進路変更又は右左折するんだ。スピードがでてたら、歩行者、自転車、バイクに気づいても間に合わないからね。後、キャビンの周囲も含めて、運転席側の死角は窓開けて顔出せば全部見れるぞ。」

マイケル

マイケル「宅配便の人がやたら交差点をゆっくり左折するのには意味があったんですね。」

ジェームズ

ジェームズ「さあ、次はミラーを使って狭いところ曲がる練習をしよう。」

(リヤオーバーハングが少ない)トラックで狭いところを右左折するコツは?

ジェームズ

ジェームズ「これが手本だよ。小さく曲がるコツはできるだけ曲る方向とは反対方向に寄せて、ギリギリ曲がり切れそうな位置でハンドルを全開に切って曲がるんだ。
右折だったら、アンダーミラーを確認しながらバンパーと障害物の距離をギリギリに保ちながら走るといいよ。ミラーが障害物に当たらないように気を付けてくれ。
左折だったら、慣れないうちは窓開けて目視しながら、やればいい。
レッカー車はリアオーバーハング(タイヤがはみ出してるボディ部分)が短いことが多いけど、積載車は長いから運転の仕方がかわってくるよ。それじゃあ、マイケルしっかり練習してくれ。」

マイケル

マイケル「わかりました。」

乗用車でもトラックでも同じだけど事故を極力減らす運転のコツは、まずは運転前の車両周囲の確認。そして、進路変更、右左折時の安全確認の徹底。見通しが悪い場所など事故が多い場所ではスピードを落とすこと。そして、危ないなと思ったら車を降りて周囲を確認すること。これらを守らないと、乗ってる車の大きさに関係なく大きな事故につながる危険性があります。
大きな車やトラックを運転したことがない人は、ロードサービスの仕事をするのに不安があるはず。
もちろん、最初から全長が12m位ある大型トラックを運転するのはお勧めしないけど、ロードサービスの会社では小さい車、乗用車から大きなトラックまで対応することがすることが多いので、所有車両のサイズも様々です。
まずは小さな2トン位のトラック、もしくは乗用車から運転をはじめて徐々にステップアップすることができます。

ロードサービスの仕事に興味があれば、ぜひ求人を見てくださいね。